マッケンジー先生自叙伝:Against the tide 39 | 尼崎市杭瀬駅2分!マッケンジー法なら中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

ナビ
ブログ

マッケンジー先生自叙伝:Against the tide 39

整形外科学会からの講演依頼に息巻くマッケンジー師匠。さて、大一番の結果は、、、?

悪いこととは、重なるもんで、、、

ああ、まさにagainst the tide、ですわなあ。

どこの世界にもそうやと思いますが、医者の中にも、プライドの高い人、ちゅうのはいてはりますさかいに、、、。

 

 

依頼されたとおり、30分ぐらいに講演内容をまとめました。
スライドの箱を手に、1時間前には会場入りしましたが、プログラムをみて腰ぬかしそうになりましたわ。
発表の時間は10分しかないことになっとるやないですか。
パニックになりつつ、なんとか内容を圧縮できんかガンバッて話してみたんですが、半分まできたとこで発表時間の終わりを告げる赤信号が点りましたんや。
多くの下肢痛がある患者さんが手術なしでうまいこといってるいうことや、伸展エクセサイズと側方への修正手技にて、数分のうちに症状が消えてしまうような症例もあったいうことだけは辛うじて話すことができたんですわ。
全くなんの質問もされずに、なしのつぶて、でしたんやが、その夜に行われた会場での夕食会のおりに、若い外科医が私に挑みかかってきましてん。
いわく、私の発表はたまたま上手いこといった症例やったちゅうだけのことなんやから、聴衆のひとりひとりにそのことを伝えなはれ、やと。
アホなこと言いなはんな、私の必死の努力にはなんの報いもないのにでっせ、なんちゅうこと言いよんのや!
絶好の機会は大失敗に終わり、私は打ちのめされましたわ。

さらに事態は悪い方向へむかいますのや。
そのすぐあとにWellingtonでも長老格の整形外科Kennedy Elliotから患者さんが紹介されてきました。
彼はChateauでの学会にも参加したはったようなんです。
温熱療法とマッサ-ジ、簡単な腰痛体操を指導するように、ちうような、まあ外科医からのよくある処方内容でしたわ。
患者さんを診察してみると、姿勢矯正やなんかの私らがやってるエクセサイズのエエ適応やと思いましたし、実際のトコ、その患者さんはすぐにすっかり良うなったんです。
患者さんがその医師の再診予約で受診された時に、私がどんな治療をしたのか、伝えはったらしいんですわ。
医師からはそっけない電話がかかってきまして、、、
自分の目の黒いうちは、もうあんたとは関わらんようにするのやと、自業自得やからな、ということでしたわ。
実際、以後全く彼からの患者さんの紹介がなくなりました!
あまつさえ、彼はニュ-ジ-ランド理学療法士協会に報告して、私が懲戒を受けるべきやと言わはりますのや。
当時の会長はBarbara Thompson女史でしたわ。
彼女は私の見解を訊いて、その外科医の言うことは馬鹿げとるので、協会としては何の行動も起こさへんと判断してくれはりまして、まあ一安心しました。
そうは言うても、その外科医は二度と私に患者さんを紹介してくることもなかったですし、医者仲間に私のことをあることないこと、なんやかや言いふらしてはったようですのや。
ほかの整形外科の先生方からの紹介も、一時少のうなりました。

このページのトップへ戻る