医師紹介 | 尼崎市杭瀬駅2分!マッケンジー法なら中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

ナビ

医師紹介

副院長中野 元博(なかの もとひろ)

中野元博

私はこの尼崎杭瀬という土地で生まれ幼少時代を過ごしました。
大学医局に属しておりましたので、そこから派遣される形で幾多の病院に勤務し、この地を離れた様々な地域で生活をしておりました。久しぶりに帰った杭瀬の町は、全国的にもよくあるシャッター商店街になり、子供の頃の記憶に残る活気のあった状況とはかけ離れたのもになってしまっていて愕然としました。

この街を元気にせんとあかん。切実にそう思います。私に出来ることは、健康面でのサポートをすることで皆様の不安をなくすこと。
整形外科はくび、肩、腰、膝など、運動器の痛みについての専門家です。大きな病院ではできないきめ細やかな対応と、現在行われている中で最良と思われる治療を選択し提供することで、地域の元気に貢献させていただきたいと考えております。

医療への想い

私が考える「治す」とは、注射や徒手療法(マッサージ等)で一時的な痛みを取り除くことではなく、患者さまが当院のリハビリテーションを終了して来院されなくなった後も、ご自身で痛みをコントロールできるよう指導することです。外科的手術に踏み切る前にぜひ一度ご相談ください。

経歴

愛媛大学医学部医学科を卒業後、大阪市立大学医学部整形外科医局に入局。中河内救命救急センターをはじめ、医局関連病院整形外科を歴任する。現在は中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニックにてマッケンジー法を取り入れた治療を行い、地域医療に貢献している。

資格

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 国際マッケンジー協会認定セラピスト
  • 国際マッケンジー協会日本支部理事

勤務医から開業医への転換

診察風景01

勤務医時代、私は手術が大好きでした。外来でいろんな方と話をするのも好きでしたが、手術場という緊張感を伴った空間で、自分の技を発揮できる魅力には独特のものがあります。もちろん患者さまを治すというのが前提ですが、芸術品を作り上げる喜びといった様なものがあったことは否めません。

腰痛で経過観察しているおばあちゃんの患者さまを担当していたときの話です。「整骨院の先生が病院からレントゲンを借りてきて欲しいというので貸して欲しい。整骨院の先生に、腰痛は病院では治してくれへんから、検査だけしてもらって、あとはうちで治してあげると言われた。」

これを聞いて怒り心頭ではあるものの、振り返ってみればみればさもありなん。私がその方にしていた対応は、痛いならブロック注射して、痛み止め出しとくね。リハビリで温めてもらうとちょっとマシになるよ。という対応で、患者さまと自分ををごまかすように接していた事実に愕然としたものです。

診察風景02

腰痛の対処法としてリハビリテーションで理学療法士がどのように対応しているのかを調べたりすると同時に、自分でも腰痛治療の手技療法のセミナーを受講してみたり、漢方、鍼灸など東洋医学に解決の糸口を求めたりと迷走していくなかで、マッケンジー法と出会いました。

私はマッケンジー法という理学療法の考え方のひとつに出会って、大好きであった手術を捨てる決心がつきました。手術なら私よりももっとうまくやる医師が星の数ほどいるだろうけれど、手術をしない選択の中で本気で保存的な治療を考える整形外科医がどれほどいるだろうか。外科的手術に真剣に取り組んできた私だからこそ、実現できる保存的療法があるのではないかと考え、現在リハビリ指導に取り組んでいます。

診察風景03

当院では手術をしない選択ではどのようなものが選べるのかを一生懸命考えますが、決して手術を否定しているわけではありません。手術は昔も今も、強力に確実に病気の状態を変えます。手術が必ず必要な病態もあります。

ただ、当院では手術の施設を持たないことから、手術以外の方法による治療のバリエーションを求めています。これはまた、勤務医として手術にしか興味がなかった若き日の私へのアンチテーゼでもあります。痛みがあって、それを説明できる画像上の所見があれば、すぐに手術を勧めていた私がやっていた治療は、本当に患者さまのためになっていたのかを振り返って考えると、手術以外ではどのような選択肢があるのかを患者さまに知ってもらってから、場合により手術を選んでもらうことこそが大切なのだと今では感じています。

スタッフ紹介

理学療法士斉藤 潤(さいとう じゅん)

斉藤潤

これまで急性期、外来、訪問看護と様々な場面でのリハビリを経験してきましたが、当院でも採用している評価法(治療法)であるマッケンジー法と出会ってから、私自身のリハビリを行なう上での姿勢が180度変わったように感じています。

セラピスト(私)が主役となって治療するのではなく、患者さま一人ひとりが主役となり『(患者様が)自分で動いて治す』方法を一緒に見つけていくことが重要であると考え、日々の診療の中で患者様と真正面から向き合ってリハビリを行なっています。

医療への想い

肩や腰、膝が痛くなったときに電気・温熱療法やマッサージを受けたことがありますか?
即時的な効果(気持ちが良い、体が軽くなる)はあるが、その効果は長続きしましたか?
痛くなった原因(不良姿勢、動き方の不整、誤った運動の実施など)を解決しなければ痛みが再発しやすくなるだけでなく、前よりも酷い症状となる可能性もあります。

当院リハビリでは、そのような状態にならないため、姿勢や動かし方を変えていくことを主眼に、『自分で動いて、自分で治す』ことを目標とした簡易な体操をお伝えしております。『自分で治す』ことに意欲のある方は是非、当院を受診してみてください。
あくまでもご自身が主役ですので楽ではないですが、一人一人に合った運動を考え提供しておりますので、リハビリを行なう中で新しい発見があるかもしれませんよ。

資格

  • 理学療法士
  • 国際マッケンジー協会認定セラピスト

理学療法士藤井 瞬(ふじい しゅん)

藤井瞬

一般病院で入院リハ、通所リハ、入所リハを経験後、一念発起し海外へ留学し、世界の理学療法のレベルの高さ及び理学療法の研究の面白さを知りました。帰国後は教育機関に携わりつつ、留学中に興味を持った腰痛に関する内容を形にするために大学院に在籍しています。より臨床的な視点と臨床経験を積むため当院に入職しました。

当院で用いられているMcKenzie Method of Mechanical Diagnosis and Therapy (マッケンジーメソッド)は世界的に使用されており、医学的診断ではよく分からない症状を運動の反応で分類する(classification systemと言います)という少し特殊な評価方法をとっています。この方法に関する研究論文はたくさん見られ、ある研究論文では従来の医学的診断に基づく治療体操よりも運動の反応で分類し決定された治療体操の方が症状の改善が見られたなどの報告があります。もちろん適応外の方達もいるのが現実ですが、今までよく分からなかった症状を解決する一つの評価であるのは間違いないと考えています。

医療への想い

糖尿病患者さんへの患者教育、また教育機関での学生教育を経験して最も重要な要素はやはり“主体性”と思います。
平常時に他人に勉強しろと言われて勉強出来ますか?しかし進級出来なくなると言われると自主的に勉強しますよね。同じ勉強するという行為なのにどうして行動がこんなにも違うのか?
行為の背景にある思考の違いは行動を変化させます。
自分の症状を理解するという意味でマッケンジーメソッドは非常に有益ではないでしょうか。

資格

  • 理学療法士
  • 糖尿病療養指導士
  • Certificated Lee Silverman Voice Treatment BIG (LSVT-BIG)

当院のリハビリは完全予約制となっております

1回の診療時間は20分~40分
1回の診療時間は20分~40分。しっかりと患者さまと向き合う時間をお取りします。
通院頻度は週1回。状態に応じて理学療法士がお伝えします
通院頻度は週1回。状態に応じて理学療法士がお伝えします。

ご予約・お問い合わせ

tel.06-6488-7754

電話をかける

当院はリハビリテーションのみ完全予約制となっております。
一般診察については予約なしでそのままお越しください。

このページのトップへ戻る